▼MENU

Divine Gate -ディバインゲート- 攻略データベース

【MENU】

 

△閉じる

<ストーリー解説トップ

ストーリーまとめ【世界の決定:回想】

世界の決定:回想

円卓の騎士の結成について語られた回想ストーリーをまとめました。

0人目:アサナ

ここは日差しの温かな聖導院。僕の名前はアサナ。少年は少年へ手を伸ばした。君の名前は。見た目とは裏腹に、少し緊張した面持ちの少年。俺の名前はアルトリウス。そして握り返した手。もしわからないことがあったら、僕に何でも聞いて下さいね。

アサナは聖導院の職員から、アーサーの事情を聞かされていた。僕が力になってあげないと。それは心からの善意。少し年上のアサナなりの距離感、それは少し遠くから見守ることだった。また、その距離はアーサーにとっても心地の良いものだった。

少し危なっかしく、ついつい目が離せなくなる。アーサーはそんな子供だった。そして、アサナはいつも優しく見守っていた。怪我をしたら手当てをした。わからなければ勉強を教えた。それはアーサーが常界へ向かってからも、変わることはなかった。

評議会入りしたアーサーの活躍は天界のアサナの耳にも届いていた。そして、いつしかアーサーはアサナにとっての憧れにも近い存在となっていた。だが、そんなアサナにアーサーは言った。俺にとって君は君だけだ。いまも昔も、きっと、これからも。

僕は君に、生きる強さを教えてもらった。同じ天涯孤独の身でありながら、それでも強く生きるアーサーの姿。だから、僕は君の力になりたい。そして、アーサーが与えたマーリンというコードネーム。君は俺の部下じゃない。だけど、俺たちは仲間だ。

1人目:ミレン

ミレンの右手が扉を4回鳴らした。失礼します。開かれた扉の先、そこは机がふたつだけ置かれた小さな執務室だった。本日からお世話になります、ミレンと申します。近づく人影。伸ばされた右手。そして、その手を握った右手。始まりは右手だった。

アーサーとミレン、ふたりだけの部署。宛がわれる仕事は小さなものばかりだった。だが、仕事に大小は関係ない。いつだってアーサーは真剣だった。そんなアーサーを支えるミレン。二人三脚の日々が育む信頼関係。そして小さな右手は、王の右腕へ。

アーサーが与えたコードネーム、トリスタン。アーサーがなぜ特務機関という組織を発足し、各員にコードネームを与えていたのか。そこには職務上の都合もあった。だが、ミレンは気づいていた。組織という家族を、名前を与える意味の本当の想いを。

ボスであるアーサーが前線へと赴き、トリスタンが執務室で指揮を執ることも多々あった。そして、トリスタンが思うことはいつもひとつ。どうか、みんな無事で帰って来ますように。そう、アーサーと選ばれし12人の居場所を守りたいと思っていた。

机がふたつだけ置かれていた執務室は気がつけば13人座れる円卓が収まるほどの広さへと。そして、その円卓に集いし王と12人の騎士。アーサーは告げる、ディバインゲートへ向かうと。行われた晩餐、それが13人全員が揃いし最後の晩餐だった。

2人目:ブラウン

昼時を過ぎ、人のいなくなった世界評議会の食堂、窓際の席、そこはアーサーの特等席だった。ただ注文された料理を作るブラウンと、ただ注文した料理を口にするアーサー。ふたりのあいだに会話はない。そんな関係こそが、ふたりの始まりだった。

何者かの推薦による評議会入りのアーサーが妬まれるのは当然のこと。彼を良く思わない者もいた。そしてある日、食堂で起きた小競り合い。アーサーに非はない。だが黙って殴られるアーサー。そんな小競り合いに割って入ったのはブラウンだった。

老いぼれが出しゃばんな。矛先はブラウンへ。だが、元警備局のブラウンの腕は確かだった。一瞬にして静まる食堂。ブラウンはアーサーへ問う。なぜ抵抗しなかった。そこで初めてアーサーは口を開いた。小競り合いなど進む道の妨げにしかならない。

そしてアーサーは少年のような笑顔を浮かべた。あと、もうひとつ。俺の進む道に、じーさんが必要だ。アーサーはブラウンの一撃を見逃さなかった。だが、私は若者の未来の為に。だったら、その腕で未来を示せ。その一言がブラウンの人生を変えた。

与えられたコードネーム、ガレス。料理の腕は特務機関入りしたあとも健在だった。ディバインゲート遠征前の晩餐、用意した心温まる料理。いつかまた、このスープが飲みたいな。そんなアーサーの言葉から、ガレスは覚悟を感じ取っていたのだった。

3人目:レオラ

そこまで。試験官の声が響いた。だが剣を止めることのないレオラ。そこまで。再び強い声が響いた。我に返るレオラ。また、やってしまいました。レオラは中等部にも関わらず、確かな剣技を持っていた。だが集中すると周りが見えなくなるのだった。

何度目かの評議会採用試験。試験官としてレオラと対峙したアーサー。ただ、一途に想いをぶつけるレオラ。アーサーは一太刀一太刀を丁寧に受け止める。だが、アーサーが太刀を受けずにかわすと、レオラは場外へ足を踏み出してしまったのだった。

張り出される合格者の番号。そこにレオラの数字はなかった。それは当然だった。やっぱり、私は向いてないのでしょうか。地面を見つめるレオラ。視界に入る革靴。見上げるとアーサーがいた。これから宜しく頼む。おいつかない思考。試験は合格だ。

アーサーの独断により、レオラは評議会入りを果たし、ベディヴィアの名前を与えられた。そして、ベディヴィアの人生は変わった。あるときはアーサーの剣となり、あるときはアーサーの盾となる。ベディヴィアの胸は、アーサーでいっぱいだった。

ベディヴィアはアーサーの側でアーサーを想い続けていた。自分の恩人だから。頼れる上司だから。だが、どれもしっくりこない。最後の晩餐のときも、その答えはわからなかった。だが、それでもベディヴィアはアーサーのことを想い続けていた。

4人目:ローガン

飛び交う銃弾と悲鳴。世界評議会の反対派の過激勢力による無差別テロ。ローガンは評議会の提携先である民間軍事会社からその現場に派遣されていた。そして、ローガンに下された命令は、人質を気にせずに殲滅せよ、という無慈悲な命令だった。

首を縦に振ることの出来ないローガンは気づいていた。人質の事実は隠蔽され、テロ鎮圧に成功とだけ報じられる未来を。慎重にテロリストだけを狙撃する。人質に傷ひとつつかないように。そんなローガンの背後から聞こえた声。命令と違うようだな。

声の正体はアーサー。そして、アーサーは言う。俺が人質を解放する。だからオマエは俺を援護してくれ。返事を待たずに先陣を切ったアーサー。夢中で援護をするローガン。アイツは誰なんだ。彼は私たちのボスです。ベディヴィアはにこりと笑った。

無数の犠牲を出しながらも、テロは鎮圧された。そして、当然のごとく民間軍事会社へ退職届けを叩きつけたローガン。すがすがしい気持ちでオフィスを出ると、そこに待っていた4人。俺たちがオマエを歓迎する。さぁ、もうひとりを迎えに行こう。

最後の晩餐、パロミデスのコードネームを与えられたローガンは豪快に酒を飲んでいた。今日という日を楽しもう。明日のことは忘れて。パロミデスはすでに覚悟を決めていた。それは、新しい居場所を、新しい自分を与えてくれたボスへの忠誠だった。

5人目:フェリス

世界評議会の反対派が引き起こしたテロ事件の現場。なにが起きているのか理解が追いつかず、ただ目の前の非現実を見つめていたフェリス。自分が人質のひとりであることすら、理解出来ずにいた。そして、フェリスが捕らわれた建物で爆発が起きた。

爆発は自爆を企てたテロリストによるものだった。間一髪、建物へ飛び込んだアーサー。だが、次々と起こる爆発。どうか、この子だけは助けて下さい。アーサーにフェリスを託した両親。崩れる建物から抜け出せたのはアーサーとフェリスだけだった。

揺れる炎の中、その建物は原型を留めてはいなかった。そして、ただその炎を見つめ泣きじゃくるフェリス。そんなフェリスを優しく抱きしめたアーサー。俺があと少し早ければ。そして、そんなふたりのやりとりを、ローガンも見つめていたのだった。

フェリスを保護し引き取ることに決めたアーサー。もちろん幼い彼女を戦わせるつもりなどなかった。だが、彼女には沢山の家族ができ、みんなと一緒に戦いたいと思うのは自然なことであり、彼女の初めてのワガママをアーサーは受け入れたのだった。

おいで、ガウィ。アーサーはフェリスにもコードネームを与えていた。それは騎士のひとりでありたいという彼女の気持ちを尊重したからこそ。そして、ガウェインは大好きなパパの膝へ。最後の晩餐のときも、そこはガウェイン専用の特等席だった。

▲上へ戻る

6人目:ロア

常界に蔓延る麻薬の取引現場に乗り込み、犯人を追い詰めたのは警備局員のロア。そして、怒りに任せて突き出した槍。だが、ロアの槍を伝い流れた血は犯人の血ではなく、犯人に盾にされた友であり同僚の血だった。それは事故だった。命は散った。

提出された退職届けが受理されるのを待たずロアは警備局から姿を消した。ただ自らの手で友の命を奪ってしまったという後悔だけを胸に、死んだように生きていた。そんなロアに退職の話を正式にしたいと、世界評議会から呼び出しがあったのだった。

そんなロアを待っていたのは警備局長ではなくアーサーだった。不機嫌なロアと、上機嫌なアーサー。これを修理しておいた。アーサーが渡したのは、友の形見である鎌型ドライバ。このドライバの新しい名はロディーヌ。これは過去じゃない、未来だ。

想い出が汚された。ロアはそう思い、アーサーへの怒りをあらわにした。あぁ、その顔が見たかった。そして、戦いの果ての勝者はアーサー。友を想うのであれば、もう一度立ち上がれ。そして、アーサーはロアにユーウェインのコードネームを与えた。

最後の晩餐、ユーウェインはいつも通り機関に馴染むきっかけとなった新しい悪友であり同僚である男の隣に腰をかけていた。そして、もう一度立ち上がるきっかけをくれたアーサーと飲み交わす酒を楽しんでいた。あぁ、俺はもう眠ったりしねぇよ。

7人目:ラン

アーサーの執務室へ、トリスタンが案内してきたのはラン。ちっす、今日から異動になりました。元査察局のランです、宜しくおなしゃーす。目を合わせることもなく、適当にうわべを述べる。査察局長は勤務態度の悪いランを押し付けたいだけだった。

だが、アーサーはランを歓迎し、パーシヴァルのコードネームを与えた。パーシヴァルはそんなアーサーを不気味がり、異動に異を唱えていた。案の定、真面目に仕事に向き合わないパーシヴァル。同期のユーウェインと共に仕事をサボる日々が始まる。

しびれを切らしたトリスタンはふたりを呼び出した。どうしてあなたたちがサボっていても、処罰が下されないか考えたことあるの。そう、ふたりが放棄した仕事は、すべてアーサーが片付けていたのだった。ボスは言っていた。それでも信じる、って。

なんつーか、悪かった。謝罪の言葉を述べたふたり。なんの話だか。知らないフリをしたアーサー。執務室をあとにしようとしたふたりへ背中越しの言葉。俺はオマエたちを信じる。そして、ふたりは振り向くことなく手を掲げ、親指を立てるのだった。

最後の晩餐の席でも、アーサーは光り輝いていた。そうさ、眩しいくらいに輝いてくれよ。それはパーシヴァルの冷やかしであり、心からの言葉だった。俺みたいなクズを受け入れてくれるボスなんて、アンタしかいない。ここが、俺の居場所なんだ。

8人目:ヒルダ

アーサーたちは警備局と現場が重なることが多々あった。そんな重なった現場にいた警備局員の中にヒルダがいた。誰よりも文句を並べながら、誰よりも働いていたヒルダ。アーサーの瞳には、どこかヒルダがひとりで戦っているように映ったのだった。

アーサーへ臆することなく不満を口にしたヒルダ。あんたの部署の男ども、がさつ過ぎんの。あぁ、うちの自慢のクズ共だ。地位が上がるにつれ、イエスしか言わない存在が増えたアーサーにとっては心地よかった。オマエに、相応しい居場所がある。

もう、あんたにはなにを言っても無駄なのね。そして、異動と共にケイのコードネームが与えられたヒルダ。口の悪さは相変わらずだが誰よりも丁寧に仕事をこなしていた。口の悪さによる喧嘩は一部ではあるものの、それすらも微笑ましい日常だった。

また、ケイの悪口はいつも的を得ていた。鋭い洞察力と少しの思いやり、そして多くの自己主張が心の真ん中へと突き刺さる。君を選んだことに、間違いはなかった。そう、アーサーが求めていたのは、ただの上司と部下の関係ではなかったのだから。

口を開けば食事の文句やマナーの文句ばかり。だが、そんないつものケイの悪口も、最後の晩餐へ色を添えていた。もう、あんたたちといると、本当に疲れるわ。まぁ、飽きないけどね。ケイは肯定した。この円卓こそが自分の居場所だったんだ、と。

9人目:ライル

ライルという名の孤児がいた。ヴィヴィアンにとって、その孤児は都合の良い存在だった。そして、ライルはヴィヴィアンに引き取られたとき、幼くして運命が決定づけられていた。そう、このときから、ライルはアーサーという鎖に縛られていた。

それでも、ヴィヴィアンは愛を込めて育てた。だが思春期のライルにとって、本当の両親がいないというのは道を逸れるのに十分な理由だった。そして時は流れ、喧嘩、酒、女に明け暮れる毎日。そんな荒くれ者の噂がアーサーへと届けられたのだった。

常界の路地裏、出会ってしまったふたり。そして交された約束。いつか俺がオマエを殺す。あぁ、それまで俺は、誰にも殺されやしない。与えられたランスロットというコードネーム。こうして、危険をはらんだ9人目の円卓の騎士が生まれたのだった。

ランスロットは信じていた。アーサーの大それた言葉に嘘偽りはないと。だからこそランスロットはアーサーに従った。そして知ることになる自分の存在理由。幼き日から自分を縛り続けていた鎖。運命。コイツを殺すのは、俺じゃなきゃダメなんだ。

ヴィヴィアンとふたりで生きてきたランスロットにも居場所が生まれた。馴れ馴れしく接してくる同世代の同僚。無駄につっかかってくる生意気な弟分。その他大勢の仲間。アーサーを殺すと想いながらも、かけがえのない仲間たちが生まれたのだった。

10人目:オリナ

潮風が気持ちのいい極東国の南の離島。オリナは二対の棍を手に、真っ白な砂浜で汗を流していた。いい動きをしている。オリナに話かけたのは査察に来ていたアーサーだった。お兄さん、本島の人かな。これはこの島に伝わる伝統の武器と武術なんだ。

手合わせを頼めるか。アーサーの好奇心。別にいいけどさ、怪我しても知らないからね。純真無垢で迷いのないオリナの拳。そして、その拳を楽しそうに受けとめるアーサー。勝敗が決めたオリナの未来。外の世界には、こんなに強い人がいるんだね。

与えられたラモラックのコードネームと、新しい世界。ラモラックにとってはすべてが新鮮だった。自分よりも強い仲間たちと共に鍛練し、切磋琢磨する日々はラモラックに充実を与えた。そう、ラモラックにとって世界が広がり始めたのだった。

世界が広がれば、視野は広がる。同じ世界評議会という組織に属しながらも、そこには様々な考えが存在していた。存在する足の引っ張りあい。だけど、アタシはボスを信じてるよ。アーサーはラモラックにとって、世界の中心に存在していたのだった。

広がったラモラックの世界の中の小さな世界。それは円卓の席についた仲間たち。少しずつ歳をとる。だが、それでも変わることない関係。この広い世界に、信じ続けられる居場所が出来たよ。気がつけば、そこはラモラックの第二の故郷となっていた。

11人目:リオ

世界評議会の職員でアーサーを知らない者はいなくなっていた。査察局勤めのリオもアーサーをよく知る存在であり、アーサーをよく思わない存在だった。そんなリオに下されたのが私設特務機関への異動辞令。その裏側には大いなる力が働いていた。

誰がどのような意図でリオを異動させたのか。その理由など、アーサーもリオも気にはしていなかった。アーサーはリオを受け入れ、そしてリオは自身をアーサーへ委ねた。与えられたコードネーム、モルドレッド。こうして、ふたりの関係は生まれた。

アーサーと行動を共にするようになり、モルドレッドの考えに変化が生じていた。いままでアーサーという存在に抱いていた理想主義という虚像。そう、アーサーは理想を掲げながら現実を見つめる。その中で常に理想へ近づく選択をしていたのだった。

機関の者だけが知っているアーサーの姿が存在していた。コードネームを与えながらも、ときとしてニックネームで呼ぶことがある。それは、アーサーなりの愛情表現なのだろう。そして、モルドレッドはそんなアーサーを微笑ましくも思うのだった。

最後の晩餐、誰かに参加を強制されたわけでもなく、自分の席についていたモルドレッド。だが、それでもモルドレッドはアーサーへ疑心を募らせていた。そう、彼は死ぬつもりでいるんじゃないかと、死に場所を決めたのではないかという疑心だった。

12人目:アスル

その日、月は蒼かった。ショッピングモール。炎の海。父を失ったアスル。そして、差し出された大人の手。アーサーとの始まりの日は、奇しくも父とのお別れの日だった。涙を堪えたアスル。だからこそ、アーサーはアスルを部下に加えたのだった。

悲劇がもたらした出会い。アスルに与えられたコードネーム、ブルーノ。そして、ブルーノの気持ちを汲んで与えられた銃鎚型ドライバ、マラディザンド。ブルーノはどんな日であれ、鍛練を欠かすことはなかった。いつの日か、父の仇を討つために。

父の仇を討つ、それはブルーノにとって大切な目的。そして、それと同じくらい大切な存在へと変わった特務機関の仲間たち。そして、新しい始まりをくれたアーサー。気がつけば、戦場で誰よりも先に前線へと飛び出す貴重な人材へと育ったのだった。

蒼のクリスマスの真相、アーサーは気付いていながらもブルーノにすべてを話すことはなかった。後になって知ることとなったブルーノ。だが、ブルーノは話してくれなかったアーサーを責めるのではなく、話してもらえなかった自分を責めたのだった。

最後の晩餐、近づいたと思えば遠ざかる背中。まだ幼いブルーノは、いまここにいられる意味を考える。ボスが認めてくれたからオレはここにいるんだ。覚悟を決めたブルーノ。円卓の騎士として恥じぬよう、アーサーが誇る騎士でいられるように、と。

在りし日の騎士たち

【追想】円卓の騎士Ⅰ

少年に与えられた名前、アルトリウス。それはかつて存在したとされる偉大な王の名前。そして、少年にとっての新しい始まりの名前。少年はその名に恥じぬように、王になろうとした。その道は険しかっただろう。だが、それでも少年は王道を歩き続けた。それこそが、自分がこの世界に生まれた意味だと信じ続けて。

【追想】円卓の騎士Ⅱ

やがて時は経ち、少年は青年へ。青年が歩む王の道、付き従う12人の騎士たち。青年はかつて、自分が新しい始まりを与えられたように、12人へ新しい始まりを与えた。あぁ、俺はお前たちがいたから、ここまで歩いて来れたんだ。そして、それは騎士たちも同様。俺たちも、アンタがいたから、ここまで来れたんだ。

【追想】理想郷アヴァロン

いつもどおり決まった席につく。その席は誰かが決めたわけではない。ただ、互いが互いを考え、そして自分という存在の役割を理解しているからこその席。ひとりひとりが組織と自分を理解している。そこには言葉に出来ない信頼関係が存在していた。

円卓を囲む沢山の笑顔たち。その笑顔には様々な意味が存在していた。過去を思い返す笑顔。いまを楽しむ笑顔。明日を信じる笑顔。各々が浮かべる笑顔。並んだ13個の笑顔。彼らは別々の13人という存在でありながらも、ひとつの存在だったのだ。

今日という日は特別だった。この中で、いったい何人が気づいていただろうか。今日という日を、彼が最後にするつもりだと。最後の晩餐にするつもりだと。だからどうか、いまという時間だけは心から楽しんで欲しい。最後の晩餐は彼の贈り物だった。

【追想】円卓の騎士Ⅲ

そこにはひとつの円卓があった。そこにはいくつもの想いがあった。そこにはいくつもの覚悟があった。そこにはひとつの誓いがあった。そこにはひとりの王様がいた。そこにはひとつの愛があった。そこには12人の騎士がいた。そこには沢山の笑顔があった。始めよう、俺たちの晩餐を。そこには最後の晩餐があった。

▲上へ戻る